医療用かつらの価格

ウイッグの価格は数万円〜数十万円まで開きがあります。
既製品、スタイルオーダー、完全オーダーというウィッグのタイプの違い=価格の目安になります。

ヘアスタイルだけで選べば安いものでも良いと思いますが、安い・高いには理由があるのが世の常。素材・質・つけ心地の違いはやはり価格に影響します。

試着して色々なメーカーのものを試してみるのはもちろん、よく調べたうえで総合的に判断するのがオススメです。一時的な使用であればレンタルサービスを行なっているところもあるので、選択肢に入れておく とよいかもしれません。

タイプ別にみるウィッグの価格

既製品<<<スタイルオーダー<<<完全オーダーの順に値段が高いのが一般的です。
既製品は、出来あがっている完成品から選ぶタイプ。
スタイルオーダーは、ヘアスタイルが自由にでき、サイズも自分の頭 にフィットするよう合わせられるタイプ。
完全オーダーは、ヘアスタイルもサイズも素材も自分好みにできるタイプと考えてもらうと、分かりやすいと思います。

自分好みにカスタマイズできる部分が多くなるにしたがって、制作に必要な手間や素材のコストがかかるので、値段が高くなるのは当然のことだと思います。
ただウィッグのタイプはメーカー側の規定によって決められているので、同じタイプでも価格に開きがあるので注意しましょう。

価格と質のバランス

材質を気にせず値段(安さ)で選ぶのは簡単ですが、医療用ウィッグを選ぶときは素材や安全面もチェックしたいポイントです。とくに治療中は肌がいつもより敏感になるので、素材や通気性などもチェックしたいところです。

確認の際は、実際に触ったり試着して選ぶのが一番よいと思います。
というのも、姉が最初に購入した通販ウィッグは、近くで見たら妙にツヤツヤしていたし、すぐに毛先が絡んで固りになってくる…などウィッグが使えなくなった経験があるからです。
試着していれば見た目の不自然さは気づけたかもしれない….と悔しがっても後の祭り…。もちろん通販のウィッグがすべて素材が悪くて見た目が不自然とは思いませんが、実物が見れない状態で選ぶと、写真で判断するしかないのが事実です。

さらに「持ち」の話をすると、既製品タイプは数万円程度で購入できますが、経験上1~2ヶ月程度で使えなくなっているので買い替えが必要になります。
安いウィッグで色々なヘアスタイルを楽しむのもよいですが、その分選んだり取寄せたりする手間がかかるので個人的には、あまり労力をかけてリスクをとるよりも、それなりの価格にはなりますが手入れ次第で治療期間中きちんと使用でき、髪の毛が生え揃うまでの間は品質が保てるスタイルオーダーが良いと思いました。

何がよいのかは買う人の価値観によると思いますが、素材を確認したい場合は触れて試着できて、なおかつ説明してく れる人がいる場所で選ぶのが一番です。
また、品質の判断基準として2015年に制定されたJIS規格がありますので、通販で購入するときもJISマークが付いているものを 選べば少なくとも「届いてみてビックリ」することはなさそうです。

医療用ウィッグ安心度ランキング

医療用ウィッグ総合ランキング1位は、様々な点で人気が集中している医療用ウィッグの専門店「スヴェンソン」です。治療中の事で気になる事があれば、相談してみると良いと思います。

最新!人気ランキングはこちら

特集企画

メーカーについて

  • スヴェンソン
  • プレスタ
  • アンクス
  • ラフラ
  • フィットミー

PAGE TOP