サービス・アフターフォローの重要性

購入時のサービスや購入後のアフターフォローの有無は、メーカーによって全く違っています。医療用ウィッグは使用していくうちに「サイズ調整」と呼ばれるウィッグの調整が必要になってきますので、サービスの有無を確認しておきましょう。
基本的にはメーカーごとにウィッグの素材や作り方が違うらしく、その店の商品でないとなかなか相談に乗ってもらえません。
また、アフターサービスについては料金が明確に表示されていないメーカーもあるので、購入後にどれ位の費用がかかるかも聞いておくと安心です。ウィッグそのものの値段が高くても、アフターサービスが無料だったり、安かったりすれば長期的にみてお得な場合もありますので、事前に確認が必要です。

私達の体験談

姉の体験談をここでご紹介しようと思います。

【手軽さ重視で既製品を購入】
姉が抗がん剤治療を受けることになったとき、脱毛するまでウィッグの事は考えられませんでした。いざ脱毛し始めて焦って探したのでとりあえず某大手通販サイトでスタイルが気に入った既製品タイプを購入しました。価格も安く、見た目が高価な物と大して変わらないように思えたからです。その当時は、10万円以上も得をしたような気分で、すっかり安心していました。

しかし、いざ使ってみると写真で見たようなスタイルにはならず、『つけ方が悪いのか、なんだか不自然!』としきりにボヤいていました。
さらに締め付けがキツいようで、『頭が痛い』と言ってとても辛そうでした。ウィッグを使い始めて数日程で見る見るうちに髪の毛の量が減り、今度はウィッグがブカブカになってしまい、ズレるようになって『髪の部分の毛が絡んで困った…』と姉から聞きました。

【品質、サービスを比較検討して気づいた大間違い!!】
姉は大分困っていたようなので改めてウイッグの事を調べるうちに、JISマーク適応の品質かどうかや、使う頻度によっても選び方の違いがあることを知りました。姉が購入したウィッグはサイズの調整やアフターサービスの対応が分からなかった為、購入サイトに問い合わせましたが対応がイマイチで、諦めて新しいウィッグを検討することにしました。

改めて集めた情報のなかで、家から一番近いモール内の店と、地域で一番評判の良かった専門店へ姉を連れて行ってみました。結果近くの店には目当てのウィッグが無く、専門店で決めたのですが、 見た目の自然さにビックリ!ウィッグだと分からなかった事に驚きました。サイズを手縫いで調整してもらえて、締め付けの痛みもズレの心配もなく『これなら安心して外出できる』と姉も嬉しそうでした(かなりストレスだったようです)。

姉はスタイルオーダータイプにしたので、1つめの通販ウィッグと比べると値は張りましたが、品質もサービスも満足のいくものだったので『むしろ大満足』と言っています。

現在、姉は抗がん剤治療を終え、赤ちゃんのように髪の毛が少しずつ生えてきました。部分的に髪の伸び方にバラつきがでてきたのを店員さんに相談したところ、地毛のカットもしてもらえたとのことでした。
生えかけの頭を他の人に見られたくないという姉も、正直「全室個室でこんなことまでしてくれるんだ~」と感心してしまいました。

実際に経験してみないと分からないことが多くあり、その都度色んな心配事がでてきました。
僕と姉の経験が、これからウィッグを探す方の参考になってもらえれば、悔しい失敗も救われる気がします。

サービス、アフターフォローの内容

①サイズ調整サービス

抗がん剤治療では脱毛〜自髪に戻るまでの過程があるため髪の毛の増減があります。
そのため髪の毛の状態によってウィッグがゆるくなったり、キツくなったりする可能性があります。
頭にフィットしないとズレやすくなるのはもちろん、締め付けがキツい場合、頭痛がすることも。

サイズの調整は、店によって対応の可否と、サービスの料金にも差があります。経験上、抗がん剤治療中のサイズ調整は必須だと思うので、対応してくれるところを選ぶのが無難です。

 

②ウィッグのカットサービス

スタイルオーダータイプ、完全オーダータイプのウィッグを検討する場合、1人1人に合わせたカットサービスがあるメーカーがよいと思います。
姉の体験から「自分に合わせてカットしてもらう」というのは自然なウィッグを手に入れる絶対条件だと思います。
「そもそも自然に見えるし、カットしなくても大丈夫じゃない?」と思っていましたが、姉のウィッグをー緒に検討してみて、意外と侮れないサービスだと思いました。
普段、自分が理容室でカットしてもらう時にちょっとの長さやボリュームで似合う似合わないがあるような感じに近い感覚だと思います。

③脱毛前のカットサービス

意外と見落としがちなサービスなので、あれば便利なのが脱毛前に自分の髪をある程度短めに事前カットしてもらえるサービス。
※「ウイッグは脱毛前に用意しておくのがベスト」という情報は、抗がん剤治療が体調に与える影響を考えたアドバイスだと思います。治療前(脱毛前)に来店しウィッグを購入した人は脱毛前のカットも無料だそうです。脱毛が激しかった時に絡まる髪に苦戦していた姉は「知っていればもっと早く来たのに!」と言っていました。そのかわり、脱毛中の頭の手入れ方法を教えてくれたので、色々と不安なと時に話が聞けた事は安心出来たようです。

体験談にも書きましたが、元と同じくらいのヘアスタイルに生え戻るまでの手入れの方法や、生えかけの時期のカットもしてくれます。ウィッグだけじゃないサポートがあるメーカーを選ぶのがおすすめです。

④ウィッグのメンテナンスサービス

どんなに品質のいい素材で作られたウィッグだとしても、使っているうちにウィッグの髪の部分が傷んできたり、スタイルが崩れるものだそうです。自分の髪と同じで、夏場は蒸れや汗、ニオイも気になるようです。
もちろん自宅で洗うことも出来ますが、購入した店でプロにメンテナンスしてもらう方法もあります。洋服のクリーニングと同じで型くずれしないためにも良い状態をキープするコツですね。

医療用ウィッグ安心度ランキング

医療用ウィッグ総合ランキング1位は、様々な点で人気が集中している医療用ウィッグの専門店「スヴェンソン」です。治療中の事で気になる事があれば、相談してみると良いと思います。

最新!人気ランキングはこちら

特集企画

メーカーについて

  • スヴェンソン
  • プレスタ
  • アンクス
  • ラフラ
  • フィットミー

PAGE TOP