医療用ウィッグの特徴

医療用ウィッグとは?
医療用ウィッグは、普通のウィッグと比べて見た目に明確な違いがあるものではありません(メーカー談)。各メーカーがそれぞれ「医療用ウィッグ」「メディケアウィッグ」として販売しています。しかしこれでは購入する側はどれが良いのか分からず、「医療用ウィッグ」としての品質に見合わないもの買ってしまう可能性もあるわけです。
外見ケアの一環として必要なものなので、『安心して使える』ということは治療を受ける側にとって精神的な負担の軽減にも繋がります。 抗がん剤の副作用をしっかりと理解した上で、かぶれにくい、蒸れにくい、軽いなど、医療向けに工夫されているものを確認しておくと良いのではないでしょうか。

~普通のウィッグと違う?~
普通のウィッグは、ファッションの一部として使用するウィッグを指しています。
使用目的が違うため、もみあげ部分が無かったり、かぶり心地が安定しなかったりします。あくまで自分の髪がある人向けに作られており使用目的が異なります。

医療用ウィッグに必要な条件とは?

2015年4月、医療用ウィッグのJIS規格が決まりました。脱毛に悩む人が安心してウィッグを使えるように、業界団体が検査基準を定めたものと説明されています。 そこで業界基準と実際に使用した感想を合わせて、医療用ウィッグに最低限必要な条件をまとめてみました。

①JIS規格に適合している
②通気性がいい(蒸れにくい)
③皮膚刺激が少ない(チクチクしない)
④軽い
⑤サイズの調整ができる
⑥安定感があり、つけ心地がいい

①~④はなんとなく分かると思いますが、⑤のサイズ調整ができるに関しては、サイズが合っていないと締め付けがきつくて辛いという理由の他に、脱毛~発毛の状況により髪の量の変化によってサイズが合わなくなるという理由があります。
これが実際に使う人には不安でしかないそうです。ウィッグがずれたり、クルッと回ったりしてしまいそうで不安なのだそうです。
僕の姉は実体験からとても重要な条件だと話してくれました。


医療用ウィッグ安心度ランキング

医療用ウィッグ総合ランキング1位は、様々な点で人気が集中している医療用ウィッグの専門店「スヴェンソン」です。治療中の事で気になる事があれば、相談してみると良いと思います。

最新!人気ランキングはこちら

特集企画

メーカーについて

  • スヴェンソン
  • プレスタ
  • アンクス
  • ラフラ
  • フィットミー

PAGE TOP